NAVY

Tradisionalなモノやブランドの紹介や、写真や雑記など

英国流

おはようございます。

 

今日は袖仕様についての蘊蓄を一つ。

 

皆さんは袖のボタン仕様はどうしていますか?

やはり本切羽(ほんせっぱ)?それとも開き見せ(あきみせ)

実はここにスーツの発祥の英国ではストーリーがございました!

 

まずは本切羽と開き見せについて、ご存知とは思いますが

今一度復習しましょう。

 ・本切羽とは

  簡単に言ってしまうと、ボタンで開閉できる様に

  なっている袖口の仕様の事を言います。

 

 ・開き見せとは

  一見すると本切羽と変わりないデザインですが

  実際にはボタンホールは切られておらず、

  開閉できない仕様の事を言います。

 

さて、スーツ発祥の英国ではどちらが主流かと言うと

実は開き見せなんです!

これは英国ではスーツを次代に受け継いで行くのが

文化として根付いています。

なので、受け継いだ時に袖が直せる様にという合理的な

考えからなんですね。

 

僕はこの考え方が凄く好きです。

(とは言ったものの、僕自身半数は本切羽にしたていますが... 笑)

こういう気づかいやそれを反映したディテールが凄くカッコイイ。

それが英国の流儀であり、僕が英国物が好きな理由のひとつです!

 

f:id:Leica_m3:20190618222730j:image

この春に買ったリネンセットアップはボタンを外して涼し気に

見せたいので本切羽にしています。

 

なんか色々語りましたが、本切羽至上主義だった方はこれを機会に

開き見せも見直していただければと思います。

 

それでは、また

 

Hackett London 2019SS

こんばんは!

 

今日は朝から2件の用事を片付けに都内へ、

2週間前に会員限定スーツプロモーションで購入したスーツを

受け取りに行ってきました! 

leica-m3.hatenadiary.com

 Hackett London、私のお気に入りでオススメです。

特に東急プラザ銀座に入っている旗艦店は内装なども凝っているので

面白いです!

是非足を運んでみて下さい。

leica-m3.hatenadiary.com

leica-m3.hatenadiary.com

 

ついでに今月は全然履く機会がなかったので、

Crokettを履いてお出かけ(笑)

f:id:Leica_m3:20190616230500j:image

やっぱりいい! 

スクエアトゥではなくラウンドトゥのストレートってなかなか無いので、

もしこういうのがお好きな方は是非Crokett&Jonesへ!!(笑)

 

まずは、トラウザース(パンツ)のお直しをお願いしに新宿イセタンへ

一週間ほどで完成予定という事で、しばしのお別れ・・・。

f:id:Leica_m3:20190616234647j:image

一件目の任務を終え、本日のメインイベント....

 

の前に腹ごしらえ(笑)

f:id:Leica_m3:20190616230510j:image

本日の昼食インドカレー

ナンとナン食べ放題!! 

f:id:Leica_m3:20190616234857j:image

このデカいナンを3枚お腹にしまい込み、(ちょっと食べ過ぎた・・・)

さて、いよいよ本題を!!

f:id:Leica_m3:20190616230345j:image

デンッ 

f:id:Leica_m3:20190616230355j:image

デデン!

ガーメントケースにはロゴの刺繍!

f:id:Leica_m3:20190616230412j:image

 前回記事でモノは載せてしまっていますが

ダークネイビーのウィンドウペーンのスーツであります!

春夏モデルらしく、軽く気やすい一着になっています。

f:id:Leica_m3:20190616230422j:image

素材はウール100%でネームタグは付いていませんが、

イギリス産の生地を使用しているそうです。

 

今季は2着用意したので、カジュアルな場面では前回 購入したリネンのモノ。

leica-m3.hatenadiary.com

キッチリした場面では今回購入したモノと、使い分けて行きたいと

思います!!

 

最後に、イギリスモノがもっと流行ってほしいので皆様も

是非見てみて下さい。

 

それでは、また

レザーソール、アレコレ

こんばんわ。

 

今日は革靴のお話。

 

革靴の話題ではアッパーの馴染みと履き心地の話ばかりが注目されがちですが、

足と地面の間のクッションである“ソール”も注目してもらいたい箇所であります。

 

という事で、今日はレザーソールのメンテナンスのお話。

 

特に下ろし立ての場合は、店舗での保管状況などにも左右されますが、

硬く小石を踏んだ程度でも滑った何て事、経験がある方も多いのでは?

また、硬いと削れるのも早いので寿命も短く・・・。

これは、レザーソールから“油分や水分が抜けて硬く”なってしまっているからなんです。

(もうわかってしまったかもしれませんが、お付き合いください。)

 

そこでです!

 

ちょっとした工夫で、少しだけソールを柔らかくしてあげ、ソールの寿命や履き心地を

向上しようというのが今回の趣旨です。

結論からいいます。

レザーソールにもクリームを塗ってあげましょう!

クリーム自体、革靴メンテ用品を出している各社ソール用クリームも出してているので

手に入れるのには苦労しないと思います。

その中でもできれば“ラノリン”(革を柔らかくしてくれる成分)が配合されている物が

いいと思います。

 

それか、すでにミンクオイルをお持ちの方はミンクオイルでも結構です。

僕はミンクオイルを使用しています。

注意して頂きたいのはミンクオイルを使用する場合、油分が多めなので

塗り込んだ後馴染むまで滑りやすくなってしまう場所も有るので塗った後

1日程度置くといいです。

 

以下、実践記

ミンクオイル塗布前

f:id:Leica_m3:20190608222216j:image

 

ミンクオイル塗布後

f:id:Leica_m3:20190608222227j:image

 

ミンクオイルは、カビの原因にもなるので塗るように要注意ですが

柔らかくなりやすく、個人的にはすごくオススメです!

 

今日はここまで

 

それではまた

Foster&Son

こんばんわ。

 

Foster&Son(フォスター&サン)という、イギリスのシューメーカーを

ご存知でしょうか?

革靴好きな方は、知ってる方もいらっしゃるかと思いますが、

JHON LOBBやEDWARD GREEN、Crockett&Jonesなどに比べると

日本での知名度は高くないかと思います。

それもそのはず今まで日本では正規取扱がなかったんです。

そもそも、Foster&Sonは注文靴専門店でした。

 

※紹介記事&ブログ

https://www.mens-ex.jp/fashion/feature/190506_10807.html

http://daisukeyamashita.blog28.fc2.com/blog-entry-646.html

 

なので、今までFoster&Sonの靴を手に入れるなら本国で

注文するしかなかったんですね。(又はトランクショー)

ところが、このFoster&Sonが2019年5月から、

なんと日本での既成靴取り扱いがはじまりますとの

情報が、以前チラッと紹介した「VALCANIZE LONDON」

よりいただきました!

leica-m3.hatenadiary.com

 

つい先日、仕事関係の研修で都内近くまで出たついでにちょっと覗きに

行ってきましたので、ご報告を。 

あまり時間がなかった為、写真は1枚だけ撮らせて頂きました。

f:id:Leica_m3:20190530210717j:image

 

取り扱いが始まったばかりという事で、型はまだ3種のみ

・内羽根のストレートチップ(黒)

・内羽根のブローグ(黒)

・コインローファー(黒・茶・チェリー)

 

今後、順にストレートチップとブローグの茶の入荷が

決まっているそうです!(僕は茶のブローグを狙っています笑)

まだまだ第一弾の入荷も全てではなく、サイズも万全ではなく、

今回は試着できるサイズありませんでした・・・。

 

写真をもっと撮って来ればよかったんですがソールの縫いや、

土踏まずの絞り込みなど随所にビスポークシューズの薫りが

漂っており、CrokckettJonesなどと比べてもワンランク高いと

感じられる逸品でした。

 

余談ですが、Foster&Sonでは日本人女性が職人として、

靴の製作を任されている様です!

 

ブランドの詳細等は、今後どこかでまとめたいと思います。

 

それではまた

Hackett London スーツプロモーション

こんばんわ!

 

以前に紹介した英国紳士服ブランドのHackett London 

leica-m3.hatenadiary.com

先週末にWed会員限定ビジネススーツ20%offのイベント

案内があったので行ってきました!

f:id:Leica_m3:20190602100837p:image

 

新宿伊勢丹店が一番よく利用する店舗なんですが、営業時間的に間に合わなかったので今回は銀座の基幹店の方に伺いました。 f:id:Leica_m3:20190602101053j:image

f:id:Leica_m3:20190602100932j:image

 

今回はビジネススーツのプロモーションという事で、選択しはそんなにありません。

ネイビーとグレーの濃さやチェックなどで全5種類程度。

(すでに在庫切れもあり全種は確認できませんでした)

その中で、気になった2着を試着しました。

 

 Fox brathersのグレンチェックf:id:Leica_m3:20190602220953j:image

 

ミルは不明(店員さん曰くイギリスのミルだったはずとの事)、濃いネイビーのウィンドウペーン

f:id:Leica_m3:20190602220644j:image

 

この2着ですごく悩みましたが、予算的な事もありウィンドウペーンにしました!

f:id:Leica_m3:20190602101032j:image

パンツのウエストと腿回り、袖のボタン付けで13日の出来上がり!

この待ってる時間がなんとも楽しいですよね笑

 

また、出来上がったら書きます。

 

それでは、また。

 

 

 

出張とファッションと三ノ宮

こんばんは。

 

先週頭から今日まで、仕事の補欠で兵庫県へ出張していました。

実は昨年末に部署内の担当替えが有り、移動前の担当業務は出張が

多く年に半年間は出張しているというぐらいでした。

さらに言うと出張先はほぼ関西方面なので、こっち方面のお店にも

結構なじみがあり時間が有る時には、フラっと歩き回っていました。

中でも、個人的に好きなのが三ノ宮です !

今回、半年ぶりに三ノ宮を歩いて来たので、少しだけご覧ください。

 

元町ー三ノ宮駅間の高架下商店街

f:id:Leica_m3:20190529211158j:image

この雰囲気がすごく好きです。

色んなお店が入っていて歩くだけでわくわくします!

 

f:id:Leica_m3:20190529211211j:image

高架下商店街と並行している

三宮センター街、JOURNAL STANDARDやUNITED ARROWS

SHIPSBEAMSなど有名なセレクトショップが有ります。

こちら側では、オリジナルの革製品を扱うショップが結構あり

よく見て回ります。

 

そして、今回思いがけず出会ったのが、Barbourの路面店

f:id:Leica_m3:20190529211231j:image

店員さんの話では、去年末ちょうど私の仕事の担当が変わった頃にオープンしたそうで思いがけない出会いでした!笑

 

今回は急遽仕事の補欠で入ったので、なかなか早い時間に回れず

多くの店舗を回れませんでしたが、この辺りは元々テーラーの聖地だった

そうで近年は数が減ったものの、まだ名残があるようなので是非テーラー巡りをしたいと思っています。

 

それでは今日はこの辺で。

革靴フォーマル度表

こんばんは!

 

今週は、関西へ出張へ来ています。

(関西出張記事はまた後日)

関東⇔関西の出張の初日と最終日は移動時間が3時間弱あります。

いくら文明の利器(スマホ、PC)が発達しようと、機械系の業種である弊社は移動時間にできる事は限られており、メールチェック後はネットサーフィン三昧でした。(笑)

 

さて、そのネットサーフィンでいい物を見つけたのでご紹介。

f:id:Leica_m3:20190512180456j:plain

靴のフォーマル度ってストレートチップが一番フォーマルなのは

分かるけど、それ以外ってどういう序列なのか迷いませんか?

革靴についてよく分からない方や、忘れた方は是非参考に!

 

それでは、また。

(神戸牛食べたいな・・・。)