NAVY

Tradisionalなモノやブランドの紹介や、写真や雑記など

AOKI suitsbox

AOKI SuitsBox

 

こんばんは。

 

タイトルのAOKI suitsboxについて、すでに撤退が決まっているそうなんでうすが、

購読中のブログ様で記事にされていて、気になったので記事にします。

 

僕自身suitsbocxについて、今日の今日まで知りませんでした。笑

ちょっと調べてみたので簡単にまとめます。

~概要~

 専用サイトにてチャレンジしてみたいテイストを選択し、チャレンジしたい色、

 仕事のスタイル、持っている靴のカラーなど入力するとコーディネータさんが

 考えてくれスーツ一式が毎月届くというサービスだそうです。

 

~金額とプラン~

・economy  :  7,800円

(スーツ(上下)、シャツ、ネクタイ 各1着)

・light    : 15,800円

(スーツ(上下)2着、シャツ3枚、ネクタイ2本)

・standard+   : 24,800円

(スーツ(上下)3着、シャツ5枚、ネクタイ3本)

 

調べてみて、このサービスを利用するか改めて考えた結果、

僕は利用しないと断言できます。

その理由をまとめてみました。

1、スーツのサブスクリプションの必要性

根本的にですが、スーツが毎月新しくなる必要性が感じられない。

スーツ自体、色や細かなディテールの流行り廃りはあるにせよ変化が少なく、

一定のルールに則った服装です。

短いスパンで新しくする優位性は何でしょう?(潔癖症の方にはいいかも?)

そもそも、スーツの成り立ち・文化から考えても反していますね。

 

2、ジャストサイズが来るとは思えない。

既成スーツがベースになると思うので、袖丈、裾丈、着丈がジャストというのは

難しい様に思います。月毎に返却する物ですから直しはありえないでしょう。

逆にここをジャストに出来る様なサービスだと、提供側の採算に乗らないので?

であれば、そもそも“ちゃんとしたスーツ”が届くか不安です。

 

3、コストパフォーマンス

最低プランのeconomy(7,800円/月+税)で考えてみましょう。

AOKIのどのグレードのスーツが来るのか断定できませんが、

恐らく一着3万円程度だと推測します。

さらに、シャツとネクタイ合わせて1万円とし、スーツの耐用年数を2年(※一般

的に2~3年)と仮定した場合の月あたりのコストは、

40,000(円)÷24(ヵ月)=1,666(円/月)

となるので、単純計算で5倍弱のコスト高になります。

月1回クリーニングに出したとしても(出しすぎですが)まだ

コスト差は埋まりませんね。

 

では、逆にサブスクリプションを使った場合のコスト考えました。

8,000(円)×24(ヵ月)=192,000円(※購入した場合と比較の為、2年で計算)

なかなかな金額になってきますね。

僕がスーツを一着も持っていない前提で192,000円の予算を割くなら、5万程度のスーツを3着買って着回します。

着回す事で寿命を延ばし長期利用でコストを下げる方が、エコロジーだしエコノミーだと考えるからです。(汚したり壊したりするリスクは考慮してませんが)

僕は必ずしも毎日スーツ着用が必要ではないので、10万円程度のスーツ2着でもいいかもしれません。

パターンオーダーも視野に入ってくる予算ではないでしょうか。

 

以上3つの理由から、僕はこのサービスを無しだと思いました。

(もっとも、すでに撤退しているのでアレですが。笑)

しかし、このサービスはじまりはクラウドファンディングで人気のあった企画だったそうで、僕の考え方は少数派なのかもしれません・・・。

 

それでは、また。