NAVY

Tradisionalなモノやブランドの紹介や、写真や雑記など

TURNBULL & ASSER Bespoke

こんばんは!

 

昨日、3月頭に記事にしたTURNBULL & ASSERの受注会に行ってきました。

leica-m3.hatenadiary.com

 

今回、受注会が開催された場所は、VALCANIZE LONDON青山店です。

VALCANIZE LONDONは、数少ない英国ブランドメインセレクトショップ

メンズクロージングでは、HACKETT LONDONやGieves&Hawkesなどの日本ではなかなか取り扱いのないアイテムや、GRENFELLやAquascutumなど他にも様々なアイテムを提供してくれています。

また、青山店ではカフェも併設されていて、そこのスコーンが凄く美味しいので近くに行った際は是非ご賞味下さい。

f:id:Leica_m3:20190323102654j:image f:id:Leica_m3:20190323102638j:image

f:id:Leica_m3:20190323102715j:image

青山店は、東京メトロ 表参道駅B1出口から青山学院方面に徒歩5分程度。

 

さて、ここから本題。

・Bespoke

一番初めに納品までの大まかな流れの説明を受ける。

今回、シャツ2枚をオーダーしました。

まずは、1枚目がおよそ3か月後に納品、そのシャツを着てサイズを確認する。

そして出来れば3回洗濯して(縮みを見るため)再度サイズを確認し、調整が

必要であれば連絡を入れる。

 ・調整が無い場合、2枚目が~2か月くらいで納品。

 ・調整が有る場合、~3か月くらいで納品

という事でした。

 ・シャツ 1枚 5万円

 ・ネクタイ 1本 4.5万円

 ・パジャマ 1着 7.8万円

 

一通り説明を聞いたら、さっそく生地選び。

1,生地選び

スーツのオーダーでも同じかと思いますが、生地見本から生地を選びます。

生地見本は3冊あって、その中から今回はクラシックでシンプルなモノ

 ・白無地(クラシックポプリン)

 ・白が混ざったライトブルー(Aアラインストライプ)

にしました。

f:id:Leica_m3:20190323102827j:image

生地を選んだ後に採寸

2,採寸

おそらくそんなに珍しい採寸はしていなく

胸囲、胴囲、腰回り(~ヒップ)、肩幅、腕長さ、腕回り、手首回り

などを測定。

この時に、フィット感はどうするか聞かれます。

ピッタリ(レギュラー)がいいか若干ゆとりがある方がいいかです。

僕は、ピッタリで注文しました。

・襟型

襟型は

 ・レギュラー(ターンブルカット)

 ・ワイド

 ・セミワイド

 ・カッタウェイ

 ・セミカッタウェイ

 ・ロングポイント

ターンブルカット*1はレギュラーのみとの事なのでレギュラーを選択。

f:id:Leica_m3:20190323203815j:plain

f:id:Leica_m3:20190323102859j:image

3,カフス

最後にカフスですが、これまた種類がたくさん。笑

大まかには、

 ・シングルカフス3種×3種

  ボタン数と(1つボタン、2つボタン、3つボタン)カフスの形状(一般的な四角い

  カフス、端がカットされたマイスタード、端が丸いラウンテッド)の組み合わせ。

 ・ダブルカフス3種

  選べるのはカフスの形状のみ、内容はシングル準拠。

 ・ターンバックカフス

  TURNBULLE&ASSERの特徴とも言える2ボタンで折り返したデザイン。

  一見ダブルカフスに見えるというオツなデザイン。

僕は、白をターンバック、ライトブルーをシングルの3つボタンにしました。

f:id:Leica_m3:20190323203737j:plain

f:id:Leica_m3:20190323203748j:plain

以上でシャツのオーダーは完了です!

☆番外編

今回は見送りましたが、ネクタイの生地見本を見せて頂きました。

シンプルな無地やドット柄、花柄から、奇抜な柄までかなりの数がありました。

気になったのはレジメンタルやペイズリーの種類はあまりなかった様に思います。

また、TURNBULLE&ASSERはオーダーでのみセブンスフォールドがないそうで

是非にとの事でした。

f:id:Leica_m3:20190323102949j:image

 

☆最後に

今回TURNBULL&ASSERから来ていたMr.James、とても気さくな方でした。

(仕事が長引いて急いで着たので髪も整えられていませんが左が僕です。笑)

f:id:Leica_m3:20190323210557j:plain

f:id:Leica_m3:20190323211535j:plain

最後の回だったので、帰り際のJamesにも会えました。笑
 

三か月後が楽しみです!

それではまた。

 

*1:・タンブルカットとは襟端が極僅かにS字を描いており肩から鎖骨にかけてのラインが絶妙なフィットになります。