NAVY

Tradisionalなモノやブランドの紹介や、写真や雑記など

レザーソール、アレコレ

こんばんわ。

 

今日は革靴のお話。

 

革靴の話題ではアッパーの馴染みと履き心地の話ばかりが注目されがちですが、

足と地面の間のクッションである“ソール”も注目してもらいたい箇所であります。

 

という事で、今日はレザーソールのメンテナンスのお話。

 

特に下ろし立ての場合は、店舗での保管状況などにも左右されますが、

硬く小石を踏んだ程度でも滑った何て事、経験がある方も多いのでは?

また、硬いと削れるのも早いので寿命も短く・・・。

これは、レザーソールから“油分や水分が抜けて硬く”なってしまっているからなんです。

(もうわかってしまったかもしれませんが、お付き合いください。)

 

そこでです!

 

ちょっとした工夫で、少しだけソールを柔らかくしてあげ、ソールの寿命や履き心地を

向上しようというのが今回の趣旨です。

結論からいいます。

レザーソールにもクリームを塗ってあげましょう!

クリーム自体、革靴メンテ用品を出している各社ソール用クリームも出してているので

手に入れるのには苦労しないと思います。

その中でもできれば“ラノリン”(革を柔らかくしてくれる成分)が配合されている物が

いいと思います。

 

それか、すでにミンクオイルをお持ちの方はミンクオイルでも結構です。

僕はミンクオイルを使用しています。

注意して頂きたいのはミンクオイルを使用する場合、油分が多めなので

塗り込んだ後馴染むまで滑りやすくなってしまう場所も有るので塗った後

1日程度置くといいです。

 

以下、実践記

ミンクオイル塗布前

f:id:Leica_m3:20190608222216j:image

 

ミンクオイル塗布後

f:id:Leica_m3:20190608222227j:image

 

ミンクオイルは、カビの原因にもなるので塗るように要注意ですが

柔らかくなりやすく、個人的にはすごくオススメです!

 

今日はここまで

 

それではまた