NAVY

Tradisionalなモノやブランドの紹介や、写真や雑記など

TUSTING

こんにちは。

 

今日は鞄(カバン)のお話です。

 

皆さま、ビジネスで鞄と言えば当然ブリーフィングバッグですが、

カジュアルな場面ではどんな鞄をお使いでしょうか?

 

僕は手ブラ大好きマンなのでずっとリュックタイプやボディバッグタイプ

の鞄を使っていたんですが、電車移動やコンビニとか飲食店でのお会計時に

背負っている状態からイチイチ財布を取り出すのがスマートじゃないな~と

思いつつトートバッグやクラッチバッグの様に手に持って歩くのは億劫で

モヤモヤしていたんですが

昨今の暑さと加齢もあってリュック背負ってると背中が汗でヤバイ 笑 

という事で、思い切ってトートバックを購入したので、お披露目したいと

思います。

 

まずはブランド!

f:id:Leica_m3:20190624234324j:plain

今回購入したのは、英国のTUSTING(タステイング)というブランドで

創業は1875年、タンナー(原革を造る会社)が出発点のブランドです。

自社で鞄等、革製品の製造販売をしはじめたのは1990年頃に始めたそうです。

タンナーが原点のブランドだけあって艶といい手触りといい革のクオリティが

凄く高いです!

購入したのは“ワーウィック”というモデルでシボの入ったオーソドックスな

タイプ。定価で3万3千円くらいと安くはありませんが他ブランドの物と

比べると同価格帯ではワンランク上の革質と感じました!

下に写真を張ったので、見て頂けると分かりますが、とにかくシンプル!

ブランドロゴも控えめで、どんな場面・服装でも合わせられると思います 。

 

それでは、実物をお披露目です!

f:id:Leica_m3:20190623222815j:image

まずは全体

ネイビーで落ち着いた雰囲気が気に入りました。

写真でも艶感がわかるといいんですが・・・。

 

f:id:Leica_m3:20190623223248j:image

持ち手の付け根をアップ。

カーフレザーの型押しでシボ柄となっています。

ステッチも綺麗ですね。

 

f:id:Leica_m3:20190623223258j:image

ロゴは角にさり気なくスタンプされていて、主張しないのが好感が持てます。

 

f:id:Leica_m3:20190623223547j:image

中の様子

2ポケットで他には特に無!

容量も大きめで、メンズなら1泊分の衣類くらいなら入りそうです。

 

f:id:Leica_m3:20190623223105j:image

中の様子2

iPad Air2の12incを入れてこんな感じ

 

f:id:Leica_m3:20190623223216j:image

ポケット

 

f:id:Leica_m3:20190623223231j:image

 ポケット2

こちらはジップタイプで容量もちょっと大きめ

 

さて、ここまで紹介してまいりましたTUSTINGのワーウィック!

非常にシンプルでカジュアル~通勤等の鞄にすごくオススメのアイテムです。

英国モノ好きな人もそうでない人も是非次回バッグ選びの時は選択肢に

入れてみて下さい!

 

それでは、また。