NAVY

Tradisionalなモノやブランドの紹介や、写真や雑記など

Turnbull&Asser

こんばんは!

 

突然ですが!! 

 

待ちに待ったヤツが来ました!

f:id:Leica_m3:20190723011109j:plain

3月にオーダーした、Turnbull&Asserのシャツが約1か月遅れで

ようやく到着しました!

leica-m3.hatenadiary.com

オーダー時に知らされていた納期は6月末予定でしたが、

”予定は未定”なんて言葉もあるし、海外メーカーあるあるなので・・・。笑

 

 

前置きは短めに、さっそくモノをご紹介。

 

・化粧箱

f:id:Leica_m3:20190723010946j:image

かなり立派な化粧箱。

TOPにはペイズリー模様の下地にブランドロゴ。

 

・化粧箱2

f:id:Leica_m3:20190723011004j:image

素材はボール紙のようで、引き出しになっていて書類棚の様に

なっています。(化粧箱を削ってその分安くしてくれても・・・。) 

 

・全体

f:id:Leica_m3:20190723011011j:image

1着目の白シャツはTurnbull&Asserの代名詞"ターンナップカフス"仕様で

オーダーしました。

同じく、Turnbull&Asserの特徴と言えば3つボタンのカフスというのもあります。

そちらは2着目で選んだので、また次回詳しくお見せしたいと思います!

 

・シャツ襟

f:id:Leica_m3:20190803004305j:image

 

レギュラーカラーになっていますが、こちらにもTurnbull&Asserの特徴が

ありまして襟のアウトラインが緩やかなS字を描いています。

このS字が肩から胸のラインを沿って絶妙な立体ラインを作ってくれるんです。

この襟型はレギュラーカラーの仕様だけになっています。

詳しくは過去記事を参照頂きたいですが、他の襟型も作る事はできますが

僕はこの襟型がお気に入りの為、レギュラーカラー一択です!

 

・生地

続いて生地について。

今回選んだのはコットンポプリンなんですが、これの肌触りが超滑らか!!

まさに第二の皮膚と呼ぶに相応しい肌触りで驚きました。

 

・着心地

最後に着心地!

さすがフルオーダーです、最高ののフィット感。

まさか1枚目から素晴らしい出来に驚いています。

麻○テーラーでも仕立てたことがありますが、

さすが、仕上がりが数ランク上です。

(お値段も数ランク上ですが・・・笑)

 

・総括

さて、今回は2着オーダーした内の1着目が到着しました。

Turnbull&Asserのオーダーでは1着目で3~5回洗濯をしてみて

縮み具合を確認しサイズ修正の有無を判断します。

そこから2着目の製作なので、2着目はあと2ヶ月後くらいかな?

今から2着目の到着が待ち遠しいです。笑

 

今回は、ここまで

 

それではまた。