NAVY

Tradisionalなモノやブランドの紹介や、写真や雑記など

Renapur

こんにちは。

 

本日はお靴のメンテのお話し。

僕はいつも、M.Mowbray(エム・モウブレイ)のシュークリームと

デリケートクリームを使用していますが、

暇な時間に革靴メンテのブログ読んでいて、気になるアイテムがあり

近場で入手出来たのでレポートしたいと思います。

 

今回入手したアイテムを試すのは、僕の愛用しているCrockett&Jones

(クロケットアンドジョーンズ)のConnaught(コノート)。

leica-m3.hatenadiary.com

leica-m3.hatenadiary.com

leica-m3.hatenadiary.com

 

コチラで使用感をレビューしたいと思います。 

 

いきさつ

革靴用クリームは本当にたくさんの選択肢があり、革靴好きの方々の間でも

色々議論されていますね。

極々一般的なシュークリームは有機溶剤が入っていて革に良くないと言われたり

しかし、靴磨きや修理屋やメーカーでも溶剤入りを使用しているから大丈夫など

正解は正直わかりません。

現在、僕は普段Mowbrayのシュークリームを使用していて、これは有機溶剤の

入った中グレードの物です。

特に不満もなく使っていたんですが、ふと天然材料のみのクリームも試してみたい

と思い探していて気になったのが、

”Renapur(ラナパー)のレザートリートメント”

f:id:Leica_m3:20190722062809j:image

 

Renapur

ドイツ製100%天然成分のシュークリーム、蜜蝋、ホホバオイル、ラノリン、

ワセリンが構成材料となっています。

開けてみて、先ず気づくのは臭い。

天然成分のみなので有機溶剤の鼻につく臭いが全くしません。

有機溶剤の臭いが苦手な人には、この点だけでもいいかもしれませんね。

f:id:Leica_m3:20190722062820j:image

中身

この製品は着色や補色が主目的ではないので、基本的に色は付いていません。

油分そのままになっています。

メーカーの説明では、革は鞣す段階で十分に染料を染み込ませてある為、

多少の傷や退色はオイルを足してやるだけで染料が浮き上がり十分に補色効果が

あるのだとか。

今回、実際に使用する靴はまだまだ新しいので、あまり傷や退色に対するレビューが

出来ないのが残念。

 

使用感 

早速使ってみました!

f:id:Leica_m3:20190722062850j:image

どうでしょう?

ツヤ感は十分出ているように思います。

 

f:id:Leica_m3:20190722062837j:image

トウのアップ

僕は、鏡面加工が好きではないので通常のクリーム時もこの程度の

ツヤ感が出れば満足です。

天然素材が本当に革への負担が少ないのであれば、この製品の満足度は

非常に高いです。

 

今後、使い込んでいった時の変化が楽しみです。

 

 今回はこの辺で

 

それではまた。

 

 

 

※今回、使用した製品